h231

がん健診(婦人科、胃、大腸、肺)

 ※保険診療(自己負担1~3割)で各検査を受診する場合は、補助対象外です。

 

婦人科健診

 

概要

発病が若年化傾向を示す婦人科疾病。早期発見、早期治療のため、婦人科健診を定期的に受けましょう

対象者

乳がん健診 30歳以上の女性被保険者・被扶養者

子宮頸がん健診 20歳以上の女性被保険者・被扶養者

組合補助額

健診費用の7割を補助します。ただし、各検査の補助上限額は以下のとおりです

乳がん健診(視触診) 700円
乳がん健診(マンモグラフィ) 2,500円
乳がん健診(超音波)2,000円
子宮頸がん健診 2,000円

補助実施期間

年度内(4月1日~翌々年3月15日受診分まで)1回のみの補助

※契約健診機関以外で受診する場合は、当該年度の3月31日までに補助金を申請してください

受診の流れ
及び
契約健診機関一覧表
(料金一覧表)

受診の流れ

契約健診機関一覧表(料金一覧表)

補助利用方法

契約健診機関で受診する場合

  1. 健診機関を選択し、健診機関に希望するがん健診を予約してください
  2. 予約ができたら当健保組合に「人間ドック・特定健診・脳健診・婦人科健診・がん健診受診申込書」を受診日の10日前までに到着するように郵送してください
  3. ご自宅または会社に「利用者通知書」が送付されますので、受診日当日に、健診機関に「利用者通知書」と「保険証」を提示してください

契約健診機関以外で受診する場合

  1. 健診機関を選択し、健診機関に希望するがん健診を予約してください
  2. 予約ができたら当健保組合に「人間ドック・特定健診・脳健診・婦人科健診・がん健診受診申込書」を受診日の10日前までに到着するように郵送してください
  3. ご自宅または会社に「補助金支給申請書」が送付されます

    1. 当日は健診を受診し、料金は全額自己負担してください
    2. 「補助金支給申請書」に必要事項を記入し、「領収書(原本)」と「健診結果(コピー可)」を添えて当健保組合へ郵送してください
  4. 後日、当健保組合から指定口座に補助金を振り込みます

※当該年度の3月31日までに補助金を申請してください。

注意事項

乳がん健診の視触診のみ実施した場合、または、子宮頸がんの検体自己採取による検査は補助できません。また、健診機関によっては、婦人科健診のみでの受診ができないところがあります

申請書ダウンロード

 

胃がん・大腸がん・肺がん健診

 

概要

胃がん健診、大腸がん・肺がん健診は「特定健診」のオプションとして受診できるよう設定しました

対象者

30歳以上の被保険者及び被扶養者(任意継続被保険者を含む)

*肺がん健診は40歳以上が補助対象です

組合補助額

健診費用の7割を補助します。ただし、各検査の補助上限額は以下のとおりです

胃がん健診 7,000円
大腸がん健診 1,000円
肺がん健診 4,200円

補助実施期間

年度内(4月1日~翌々年3月15日受診分まで)1回のみの補助

※契約健診機関以外で受診する場合は、当該年度の3月31日までに補助金を申請してください

受診の流れ
及び
契約健診機関一覧表
(料金一覧表)

受診の流れ

契約健診機関一覧表(料金一覧表)

補助利用方法

契約健診機関で受診する場合

  1. 健診機関を選択し、健診機関に希望するがん健診を予約してください
  2. 予約ができたら当健保組合に「人間ドック・特定健診・脳健診・婦人科健診・がん健診受診申込書」を受診日の10日前までに到着するように郵送してください
  3. ご自宅または会社に「利用者通知書」が送付されますので、受診日当日に、健診機関に「利用者通知書」と「保険証」を提示してください

契約健診機関以外で受診する場合

  1. 健診機関を選択し、健診機関に希望するがん健診を予約してください
  2. 予約ができたら当健保組合に「人間ドック・特定健診・脳健診・婦人科健診・がん健診受診申込書」を受診日の10日前までに到着するように郵送してください
  3. ご自宅または会社に「補助金支給申請書」が送付されます

    1. 当日は健診を受診し、料金は全額自己負担してください
    2. 「補助金支給申請書」に必要事項を記入し、「領収書(原本)」と「健診結果(コピー可)」を添えて当健保組合へ郵送してください
  4. 後日、当健保組合から指定口座に補助金を振り込みます

※当該年度の3月31日までに補助金を申請してください。

注意事項

特定健診のオプションとして補助いたします

申請書ダウンロード