h231

人間ドック・脳健診

 ※保険診療(自己負担1~3割)で各検査を受診する場合は、補助対象外です。

 

人間ドック

 

概要

身体のより精密な検査を受けて、普段気がつきにくい疾患や臓器の異常などを確認することができる健診です

対象者

30歳以上の被保険者・被扶養者

組合補助額

健診費用の7割を補助します。ただし、補助上限額21,000円まで

補助実施期間

年度内(4月1日~翌年3月15日受診分まで)1回のみの補助

※契約健診機関以外で受診する場合は、当該年度の3月31日までに補助金を申請してください

受診の流れ
及び
契約健診機関一覧表
(料金一覧表)

受診の流れ

契約健診機関一覧表(料金一覧表)

補助利用方法

契約健診機関で受診する場合

  1. 健診機関を選択し、健診機関に希望する健診(人間ドック・脳健診等)を予約してください
  2. 予約ができたら当健保組合に「人間ドック・特定健診・脳健診・婦人科健診・がん健診受診申込書」を受診日の10日前までに到着するように郵送してください
  3. ご自宅または会社に「利用者通知書」が送付されますので、受診日当日に、健診機関に「利用者通知書」と「保険証」を提示してください

契約健診機関以外で受診する場合

  1. 健診機関を選択し、健診機関に希望する健診(人間ドック・脳健診等)を予約してください
  2. 予約ができたら当健保組合に「人間ドック・特定健診・脳健診・婦人科健診・がん健診受診申込書」を受診日の10日前までに到着するように郵送してください
  3. ご自宅または会社に「補助金支給申請書」が送付されます

    1. 当日は健診を受診し、料金は全額自己負担してください
    2. 「補助金支給申請書」に必要事項を記入し、「領収書(原本)」と「健診結果(コピー可)」を添えて当健保組合へ郵送してください
  4. 後日、当健保組合から指定口座に補助金を振り込みます

※当該年度の3月31日までに補助金を申請してください。

注意事項

組合補助を利用する場合は、必ず「胃部X線もしくは胃カメラ」「腹部超音波」「眼底検査」のうち、いずれか2項目以上実施することが必須となります。任意に受診しない場合は補助対象外となり、全額自己負担となりますのでご注意ください

申請書ダウンロード

 

脳健診

 

概要

MRI・MRA(磁気共鳴血管画像診断)を使用し、脳血管疾患の危険因子を検査しそれらの発症や進行を防止、予防するために行います

対象者

30歳以上の被保険者・被扶養者

組合補助額

健診費用の7割を補助します。ただし、補助上限額15,000円まで

補助実施期間

2年度内(4月1日~翌々年3月15日受診分まで)1回のみの補助

※契約健診機関以外で受診する場合は、当該年度の3月31日までに補助金を申請してください

受診の流れ
及び
契約健診機関一覧表
(料金一覧表)

受診の流れ

契約健診機関一覧表(料金一覧表)

補助利用方法

契約健診機関で受診する場合

  1. 健診機関を選択し、健診機関に希望する健診(人間ドック・脳健診等)を予約してください
  2. 予約ができたら当健保組合に「人間ドック・特定健診・脳健診・婦人科健診・がん健診受診申込書」を受診日の10日前までに到着するように郵送してください
  3. ご自宅または会社に「利用者通知書」が送付されますので、受診日当日に、健診機関に「利用者通知書」と「保険証」を提示してください

契約健診機関以外で受診する場合

  1. 健診機関を選択し、健診機関に希望する健診(人間ドック・脳健診等)を予約してください
  2. 予約ができたら当健保組合に「人間ドック・特定健診・脳健診・婦人科健診・がん健診受診申込書」を受診日の10日前までに到着するように郵送してください
  3. ご自宅または会社に「補助金支給申請書」が送付されます

    1. 当日は健診を受診し、料金は全額自己負担してください
    2. 「補助金支給申請書」に必要事項を記入し、「領収書(原本)」と「健診結果(コピー可)」を添えて当健保組合へ郵送してください
  4. 後日、当健保組合から指定口座に補助金を振り込みます

※当該年度の3月31日までに補助金を申請してください。

注意事項

組合補助を利用する場合は、必ず頭部MRIと頭部MRAを実施することが必須となります。任意に受診しない場合は補助対象外となり、全額自己負担となりますのでご注意ください

申請書ダウンロード