h29

治療費が高額になったとき

 同一月に医療機関別、入院・通院別(調剤との合算)で受診者別の診療単位で、自己負担額が基準の金額を超えた場合、申請により高額療養費が支給されます。なお、診療単位ごとで21,000円以上のもの(70歳以上の方は受診者別、入院・通院別に全ての自己負担額)は合算の対象となります。

支給要件

 

  • 病院の窓口で支払う金額が一定の金額を超えていること

※対象となる自己負担額は、保険診療分が対象となります。

【自己負担限度額】平成30年8月診療分から

 

区分

(標準報酬月額)

 

高齢受給者【70歳以上(後期高齢該当者を除く)】

区分

(標準報酬月額)

一般【70歳未満】及び世帯全体を合算する場合

個人単位

(通院のみ)

世帯単位(入院含む)

及び高齢受給者のみを合算する場合

現役並みⅢ

830千円以上

252,600円+(医療費 – 842,000円)× 1%
(140,100円)

区分ア

830千円以上

252,600円+(医療費 – 842,000円)× 1%
(140,100円)

現役並みⅡ

530千円~790千円

 

167,400円+(医療費 – 558,000円)× 1%
(93,000円)

区分イ

530千円~790千円

167,400円+(医療費 – 558,000円)× 1%
(93,000円)

現役並みⅠ

280千円~500千円

80,100円+(医療費 – 267,000円)× 1%
(44,400円)

区分ウ

280千円~500千円

80,100円+(医療費 – 267,000円)× 1%
(44,400円)

一般所得者

260千円以下

18,000円
(※年間144,000円上限)
57,600円
(44,400円)

区分エ

260千円以下

57,600円(44,400円)

低所得者Ⅱ

8,000円 24,600円

区分オ

低所得者

35,400円(24,600円)

低所得者Ⅰ

15,000円
【自己負担限度額】平成30年7月診療分まで
区分

高齢受給者【70歳以上(後期高齢該当者を除く)】

区分 一般【70歳未満】及び世帯全体を合算する場合

個人単位

(通院のみ)

世帯単位(入院含む)及び

高齢受給者のみを合算する場合

標準報酬月額280千円以上

H29
7月
まで
44,400円 80,100円+(医療費 – 267,000円)× 1%
(44,400円)

標準報酬月額830千円以上

252,600円+(医療費 – 842,000円)× 1%
(140,100円)
H29
8月
から
57,600円

標準報酬月額

530千円~790千円

167,400円+(医療費 – 558,000円)× 1%
(93,000円)

標準報酬月額260千円以下

H29
7月
まで
12,000円 44,400円

標準報酬月額

280千円~500千円

80,100円+(医療費 – 267,000円)× 1%
(44,400円)
H29
8月
から
14,000円
(※年間144,000円上限)
57,600円
(44,400円)

標準報酬月額260千円以下

57,600円

(44,400円)

低所得者Ⅱ

8,000円 24,600円 低所得者

35,400円

(24,600円)

低所得者Ⅰ

8,000円 15,000円
[例:標準報酬月額280千円~500千円【70歳未満】の方で医療費が100万円かかった場合、80,100円+(1,000,000円 - 267,000円)× 1% = 87,430円が自己負担限度額となります。]

 

(注) ( )内は、多数該当の場合。(多数該当とは、同一世帯で、高額療養費を支給された月が過去1年間で4か月以上になった場合をいい、限度額が軽減されます。なお、公費負担医療、特定疾病及び高齢受給者の個人の通院に係る高額療養費の支給は、多数該当の算定の対象にはなりません。)
(注) 表の※年間144,000円上限は、前年8月1日~7月31日までの自己負担額の合計です。

 高額療養費は、自己負担限度額を超えた金額が支給されます。

 

手続き

 

提出期限

診療月の翌月1日から2年間。
(2年を経過すると時効となります)

手続書類

高額療養費支給申請書
※添付書類につきましては、「届書・請求書の書き方」をご覧いただくか、組合までお問い合わせください。

手続書類の書き方
申請書ダウンロード