h21

治療費や出産費の貸付

 組合では、被保険者および被扶養者の福祉の向上を目的として、各種貸付制度を行っています。

 

高額医療費資金貸付制度

 

 高額療養費の給付を受けることが見込まれる方に対し、高額療養費の支給を受けるまでの間、療養に要する費用を貸し付けることを目的とした「高額医療費資金貸付制度」があります。

 

  • 貸付を受けられる方

 組合の被保険者であって高額療養費の支給を受ける見込みがあり、かつ、その高額療養費の支給の対象となる月分にかかる療養に要する費用について、医療機関等から請求を受けた方、またはその費用を支払った方

 

貸付額 高額療養費に相当する額の8割(ただし、1,000円未満は切り捨て)
貸付金返済方法 被保険者に給付される高額療養費をもって返還にあてられます
提出書類 高額医療費資金貸付申込書,高額療養費支給申請書,医療機関の請求書または領収書の写し
申請書ダウンロード

 

出産費資金貸付制度

 

 出産育児一時金の給付を受けることが見込まれる方に対し、出産育児一時金等の給付を受けるまでの間、出産に要する費用を貸し付けることを目的とした「出産費資金貸付制度」があります。

 

  • 貸付を受けられる方

組合の被保険者であって出産育児一時金等の給付を受ける見込みがあり、次のいずれかに該当する方。
(1)出産予定日まで1ヵ月以内の被保険者および被扶養者
(2)妊娠4ヵ月以上の被保険者および被扶養者で、医療機関に一時的な支払い(請求)があった方

 

貸付額 法により定められる出産育児一時金の額
貸付金返済方法 被保険者に給付される出産育児一時金等をもって返還にあてられます
提出書類 「出産費資金貸付申込書」(医療機関等の証明が必要) *医療機関等の証明が受けられない場合は「母子健康手帳」の写し(出産者の氏名・出産予定日の記載された所) 上記(2)については、このほかに出産に要する費用の内訳のある「請求書」または「領収書」
申請書ダウンロード