h29

出産のために仕事ができなくなったとき

関連ページ

 被保険者が出産のために仕事に就けず、お給料を受けられないときは、出産(予定)日以前42日(多胎妊娠の場合は98日)から出産日の翌日以後56日までの期間内で請求により標準報酬日額の3分の2が出産手当金として支給されます。

支給要件

 

  • 出産により労務不能であること

  • 会社から給与を受けていないこと
    ※ただし、上記の金額が出産手当金の日額を下回る場合は、その差額が支給されます。

退職などにより被保険者が資格を喪失した後でも、一定の条件のもとに支給されます。詳しくは、「届書・請求書の書き方」をご覧いただくか、組合までお問い合わせください。

 

手続き

 

提出期限

出産により労務不能であった日ごとにその翌日から2年間。
(2年を経過すると時効となります)

手続書類

出産手当金請求書

※添付書類につきましては、「届書・請求書の書き方」をご覧いただくか、組合までお問い合わせください。

手続書類の書き方
申請書ダウンロード